<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1205042&amp;fmt=gif">
Menu
JP
ホワイトペーパー

ロボットを用いて製造現場のデータ活用を促進
製造業向けDataOpsとロボットを組み合わせ現場のデータを取得

本ホワイトペーパーの内容

  • ロボットを活用することによる製造現場のデータ取得や点検の効率化、デジタルツインの実現について
  • Cognite Data Fusion™をデータ基盤として活用した自動化とロボットの利用について
  • 先進的な企業におけるロボットを活用と、コスト削減や温室効果ガスの排出量削減についての事例

フィールドロボットのようなロボットを活用して、プラントなどの遠隔監視を行う試みは長年続いています。高機能なフィールドロボットも登場し、その試みも現実のものとなりつつありますが、取得したデータは他のデータと連携されているでしょうか?

デジタルトランスフォーメーションの一環として様々なロボットを活用するためにも、ロボットの操作にも対応し、データ収集を自動化、処理、そしてデータの活用を可能にするソフトウェアが必要となります。ソフトウェアと一緒に利用することでロボットから収集したデータを、コントロール室のオペレーターから現場の作業員、データサイエンティストまでがデータを活用できるようになるのです。

ロボットを活用してデータの課題を解決し、製造業のデータ活用や自律的な操業を実現しましょう。

JP-Robot-WhitePaper-Cover

 

電力業界では、遠隔地で人が手作業で行う点検と保守に時間とコストがかかっています。さらに、遠隔地への出張には移動も伴い、企業の温室効果ガスの排出量の一部としても捉えられています。このような状況にあり、電力・公益業界ではロボットの活用が検討されています。遠隔地の点検ワークフローにロボットを組み込むことで、グリッドオペレータは温室効果ガスの排出量を減らし、データに基づいたメンテナンスでより高い稼働率を保証、人の安全を確保できます。

Statnett robotics thumbnail2

北欧の石油会社であるAker BPではFPSOにおいて遠隔コントロールされたロボットの活用を行っています。この事例では、いかに遠隔コントロールされたロボットがオフショア施設での業務をより安全かつ効率的なものにできるかを示しています。

Spot_2

プラントなどの建設現場は広く、ダイナミックな環境で、作業で使われる機器や車両、資材の配置は日々変わります。多くの現場作業員は機材がどのように使われているのか、どこに何があるのか限定的にしか確認できていません。資材や機材をよりスマートに追跡できるようになれば、建設現場の作業員は在庫を管理し、潜在的にはコストや遅延を削減できるようになるでしょう。

RObotics-Use-Case2