「Smart Data Fusion」を支えるCogniteのデータプラットフォームとは

NTTコムウェアは社会インフラのサステナビリティとレジリエンスの向上に貢献すべくスマートメンテナンス事業を本格化させています。そのビジネスを支えているのがCogniteのCognite Data Fusionです。両社の共創により生み出されるインフラ設備管理の新しい形を紹介します。

事例をダウンロード

事例について

NTTComware-page1労働人口減少と熟練労働者の引退による人手不足は、道路や鉄道、建設業といった社会インフラを支える企業でも直面している課題です。彼らの持っているノウハウは新規に採用された労働者にとっては容易に継承できるものではありません。また、そのような課題を抱えているにも関わらず、昨今では脱炭素などへの取り組みが求められています。これらに対応するためには、彼らが見ていた暗黙知の形式化や排出量などのデータの可視化・活用が必要です。

通信インフラのITを用いた管理にノウハウをもつNTTコムウェアはそのような課題に対して、彼らのノウハウを活用し社会インフラ向けのデジタルツインサービス「Smart Main Tech」を構築、ソリューションとして提供しています。SIerとしても著名なNTTコムウェアがデジタルツインサービスの実現のために、基盤として求めた機能とは?
そして、Cognite Data Fusionがサービス基盤の一部として採用された理由とは?