<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

”デジタルツイン”で
実現する
産業デジタル変革

「デジタル変革は長い旅」Aker BP CEOがデータマネジメント2021で基調講演しました。北欧のエネルギー会社Aker BPはCogniteと連携し産業のデジタル変革を牽引。その取り組みとこれからの可能性についてJDMC主催のイベントで講演しました。

基調講演を観る

基調講演について

jdmc2

北欧の石油企業であるAkerBPは、北海で運営する石油掘削プラットフォームをデジタルツインの考え方に則り、すべて可視化しています。オペレーションの最適化や予防保全の実現、故障復旧の迅速化などが目的です。これにより運営担当者は、プラットフォームの操業状況すべてを手に取るように把握できるようになりました。例えば何らかの機器が故障した時、機器のある場所や交換用部品の所在、交換手順などをリアルタイムに知ることができます。
しかし様々なベンダーの多様な機器・設備から構成される、大規模かつ複雑なプラットフォームだけに、デジタルツインを実現するのは容易ではありませんでした。一体、どうやったのでしょうか?本講演では、AkerBPが推進するデジタル変革の実際や、それを実現するシステムやデータのアーキテクチャおよびテクノロジー、そして得られる効果や将来像などを講演します。