<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

デジタル化の現状・課題と変革を進める方策

このForrester社の2020年のレポートでは、コンテキスト化されたデータとデジタルツインがデジタル化の価値を高める方法について解説しています。

情報の入力

資料の概要について

Forresterによる主な調査結果

  • デジタル化ではデータが鍵になりますが、各企業はデータからインサイトを引き出すことに苦労しています。
  • 企業がデジタル化を進めるうえで、データを扱うスキルの不足、ITとOTの壁が障害となっています。
  • 人工知能(AI)と機械学習がイノベーションを推進します。

今日のビジネス環境で成功を収めるため、企業には、単に既存の縦割り化された事業活動を自動化するだけでなく、ソフトウェアネイティブとは言わないまでも、ソフトウェアに精通した企業になることが求められています。このためには、データサイエンティスト、プロフェッショナルおよびシチズンデベロッパー、エンジニアが、必要に応じてコンテキスト化された意味のあるデータにアクセスできる必要があります。

企業のリーダーは、ITチームとOTチームが共同で責任を負う仕組みを取り入れる必要があります。物理環境においてもデジタル環境においてもコラボレーションを推進し、共同で責任を負う文化を育てます。ソリューションは、組織内の縦割り組織をしりぞけ、縦割り組織の基盤となっていたレガシーシステムを超えたものであり、明確に示された顧客アウトカム(顧客が求める結果)をサポートできるものであることが必要です。

Cognite TLP_Japanese translation_page01