<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

情報の入力

Cogniteがクールベンダーに選定された理由:
 
Cogniteは、Cognite Data Fusion(CDF)というDataOpsを提供し、標準APIを使ってクラウド、エッジ、オンプレミスの多種多様なITやOTシステムと統合することで、重厚長大産業のデジタルトランスフォーメーションを支援しており、ガートナーのクールベンダーに選出されました。また、高度なデータ可視化機能とより精度の高い意思決定をサポートしています。

主な調査結果
  • 多種多様の製造業の専門家が存在するため、テクノロジーサービスプロバイダー(TSP)は、自社の製品や市場を拡大するための適切なパートナーを見つけることが難しくなっています。
  • テクノロジーサービスプロバイダーは、ソフトウェア、ハードウェア、サービスからなる製造業向けのより完全なソリューションを提供するために、ポートフォリオを継続的に拡充することを目指しています。

Cognite Data Fusionは、産業用に特化したDataOpsとAIプラットフォームであり、ダウンタイムの削減、設備の効率性の向上、予測の最適化などを実現し、製造業のオペレーションを最適化します。統合されたハイブリッドAI分析ツール、リアルタイムダッシュボードでの高度な可視化、ローコードのアプリケーション開発サービスを通じて、CDFは、重厚長大産業の顧客がデジタルプログラムを運用し、大規模なROIを実現することを可能にします。
Gartner Cool Vendor 2020 jpg