<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

ここまで来た!
デジタルツインで
加速する遠隔保守・運用

保守運用に関わる方は必見!新技術が設備の保全管理を劇的に変える方法をご覧ください。デジタルツインに興味ある方にもおすすめ!

ウェビナーの録画を
リクエスト

Webセミナーについて

2020年9月24日 (木) 16時〜17時

録画をダウンロードいただけます

設備保全の世界は、技術的な観点からもビジネス的な観点からも急速に進化し、デジタル技術を活用した、次世代の新たなニーズが高まっています。

このWebセミナーでは最先端のデジタルツインアプリケーションであるCognite Remoteを紹介します。Cognite Remoteは、Cognite Data Fusionに取り込まれ、コンテキスト化されたデータを活用することで、設備に関する位置情報や関連するデータへの迅速なアクセスを可能にします。これにより、遠隔保守・運用や分散型コラボレーションを加速させ、人々がデスクや自宅からより効率的に仕事ができるようにします。

このWebセミナーに参加して得られること

  • 実際に産業現場で運用されている最先端の3Dデジタルツインを把握
  • ドローンやロボットが自動撮影した画像をAIで解析して遠隔保守で活用する方法
  • 各種3D関連技術であるフォトグラメトリー、点群データ、360画像のデジタルツイン活用手法について知ることができる
  • ワークオーダーシステムをデジタルツインに取り込むことで、遠隔保守計画がどのように行えるかを把握
  • デジタルツインのスペシャリストから開発を成功させるために重要なことを知ることができる
Japan Cognite Remote3