データに基づいて保全業務を高度化

産業向けDataOpsで製造設備を継続利用



保守・保全が効果を生み出す可能性は広く認識されています。正しくメンテナンスされていない製造設備は生産に支障をきたすだけでなく、製造設備の寿命を縮める可能性もあるのです。

最先端の産業向けDataOpsプラットフォームCognite Data Fusionで保全業務を高度化し、製造設備を継続的に利用しましょう。

ダウンロードはこちら

石油・ガス業界の事例

Cogniteの3Dデジタルツインは、検査、洗練されたモバイルおよびAR、オープンAPIとSDKによる他のソリューションとの統合といった機能を備え、とある石油企業のビジョン実現を支えています。

デジタルツインから作業に必要なデータにアクセスできるようになり、海上にある設備の点検回数が減ったことでGHG排出量の削減に貢献しただけでなく、オペレーターが必要なデータに現場からでもリアルタイムにアクセスできるようになり、メンテナンス業務が効率化しました。

Cognite_oil_gas

製造業の事例

ある製造業では生産に利用するために数十台もの工作機械を運用していました。しかしながら、それらの稼働状況は統合されておらず、メンテナンスに携わる技術者は各機器に必要に応じてアクセスする必要がありました。

しかし、CogniteのDataOpsプラットフォームを活用することでデータを統合し、稼働アラームを把握するダッシュボードを作成しました。その結果、メンテナンス業務を効率化するだけでなく、計画外の停止もsカウ減することができました。

Cognite_Customer_Story_Aarbakke_CNC_Machines

電力業界の事例

変圧器は電力網の中でも高価な部品の一つです。いままで、この企業では定期的なメンテナンスを行なっていました。

この企業では、変圧器に関連するデータをDataOpsプラットフォームに統合して、ダッシュボード化、メンテナンスに携わる技術者は変圧器に関するデータからメンテナンスの優先度を決まることができるようになりました。

Cognite_Power_Gen